やさしい 家相・方位の考え方

鬼門・裏鬼門について

01鬼門・裏鬼門の方角

家の相を見る場合は家の中心から、土地の相を見る場合は土地の中心から見て、北東の方位を鬼門、南西の方位を裏鬼門と言います。

鬼門イラスト1
鬼門イラスト2
 
 

02鬼門・裏鬼門に配置するべきではないと言われているもの

鬼門・裏鬼門には、門、玄関、窓、風呂、トイレ、流し、浄化槽などを配置するべきではないと、家相学の本には書いてありますが、実際に家を設計してみると大抵の場合、土地も家も広さが限られており、なかなか完璧には処理できないものです。

鬼門イラスト3
 
 

03迷信ではないの?

そんなのは迷信だとお思いになる方もおられるかと思います。それで済んでしまえば設計する側も楽なのですが、家を建てた後で、周りから色々と言われて不安になる方もおられますので、言い伝えとか本に書いてあったとかではなく、三十数年、実体験として家と家相を観察してきた中で、気がついた鬼門の問題点について整理しておきたいと思います。

鬼門イラスト4
 
 

04北東の鬼門の門・玄関・窓

この位置は、夏場は朝早くから家の奥まで陽があたり、急激に気温が上昇します。また冬場は大陸からの北西風に晒され、家の中でも特に気温が低くなる場所です。この位置に門や玄関が有ると、朝家を出る時や帰宅時に、毎日のように暑さ寒さによるストレスを感じることになります。

鬼門イラスト5
 
 

05南西の裏鬼門の門・玄関・窓

この位置も北東の鬼門とよく似ており、こちらは夏場の午後から夕方にかけて陽があたり、特に夕方には気温がかなり上昇しています。また冬場は鬼門と同じく、大陸からの北西風に晒され冷え込みます。どちらも暑さ寒さによるストレスが大きいことでは共通しています。

鬼門イラスト6
 
 

06鬼門・裏鬼門の特徴

鬼門・裏鬼門のどちらも、夏場の気温の上昇と、冬場の冷え込みが大きな特徴のように思えます。
夏の気温上昇は、当然不快でもありますし、食料などを保管するのには適しません。トイレや水回りも湿気が多いと不衛生になってしまいます。また冬になると、他の部屋と比べて寒くなりがちで、特にお風呂場やトイレなど、ヒートショックで命にかかわる事態もあり得ます。
またそのような位置に門や玄関が有ると、毎日の出勤や帰宅の度に、暑さ寒さでストレスを感じることになります。これは、体に負担がかかるだけでなく、知らず知らずのうちに、暑さ寒さのストレスが、出勤や帰宅のイメージと重なってきて、会社や学校に行くことや家に帰ることを、辛いと感じてしまう可能性があります。やはり、体だけでなく、精神的にもあまり良い影響があるとは思えません。窓についても室内の気温に大きな影響を与えますので、鬼門・裏鬼門の位置に大きな開口部などを設けるのは問題がありそうです。家の相を見る場合は家の中心から、土地の相を見る場合は土地の中心から見て、北東の方位を鬼門、南西の方位を裏鬼門と言います。

鬼門イラスト7
鬼門イラスト8
 
 

07でも、時代も変わってきているので

最近では、お風呂でもユニット化されたものや、汚れのつきにくい床材や壁材なども普及しています。昔と比べると清潔に保つことが容易ですし、冬の寒さ対策も施された快適な製品も出ています。また、トイレは自動洗浄も普及し始めており、清潔度では世界最高レベルです。
窓についても、断熱性や遮熱性の高いものもありますので、問題解決の助けになるはずです。時代も変わってきていますので、新しい技術と工夫で、鬼門・裏鬼門の欠点を多少は補うことが出来そうです。
ただ玄関や門の位置については、屋外部分となりますので、対策も限られてきます。あまり先人の知恵に逆らわず、まずはこの辺りを吉方位に置くことから、家の配置計画を始められてはいかがでしょうか。

鬼門イラスト9
 
 

08土地が決まってしまっていても

もし、土地が決まってしまっていて、入り口が鬼門や裏鬼門にしか取れない場合でも、まったく方法が無いわけではありません。自分の敷地の中に仮の道路を設定して、門や玄関を良い位置に設計する方法も考えられます。仮の道路は、駐車場や小径にすれば問題ありません。『家相』は法律ではありませんので、快適に生活できる環境作りの知恵だと考えて頂ければ良いかと思います。

鬼門イラスト10
 
 

09気をつけておきたいこと

昔から、鬼の門と書かれていますので、何かしら目に見えない作用で、災いが起きたという経験が蓄積されてきたことは否定できないように思います。
気候や気温・湿度の面を見ただけでも、体調や精神面に影響が出るであろうことは想像できます。単純に迷信と決めつけるより、家相や地相の学問に込められた、古来よりの知恵を取り入れながら、難しい部分は新しい技術を使ってカバーするという考え方をしたほうが良いようです。

鬼門イラスト11
 
 

10東・東南・南の方位

大まかに言えば、元気に満ちた吉方位とされています。明るく陽あたりも良く、庭の草木も良く育ち、快適な場所であることは間違いないようです。冬の北西風から逃れ、夏の朝夕の気温上昇も鬼門・裏鬼門ほど急激な変化ではありません。ですから、門や玄関だけでなく、家族が元気に明るく過ごせる場所として計画してください。最近では、キッチンやダイニングをこの方位に配置する例もよく見かけます。

鬼門イラスト12
 
 

11西・北西・北の方位

こちらは大まかに言うと、静けさの方位です。1年を通してみると家の中では気温が低めになる場所です。蔵や食料の保管場所、水回りなどに適した場所とされてきました。
また仏間や書斎、隠居部屋など静けさを必要とする場所にも向いているようです。玄関や門については、吉と書いてあるものも凶と書いてあるものもありますが、ゆとりがあって明るければ、静かで落ち着いた玄関や門となります。やや湿気が多くなり易いので、清潔であることが大切かと思われます。
また冬場の北風が弱点で、玄関から家に入る時に寒風が直接家の中に吹き込まないように、玄関室を設けて、もう1つ扉を開けて奥に進むくらいの余裕が欲しいということのようです。

鬼門イラスト13
鬼門イラスト14
 
 

12少しだけ、神仏の話

神社や仏閣では、ご本尊が北側に安置され、南側を向いて鎮座しておられるお姿が多いように思います。参拝する側は北を向いており、ご本尊のその遥か先には北極星があります。
北極星や北斗七星は世界中で信仰の対象とされてきたように、北の方位は、古代より神聖な方位とされています。また、地球の磁力も南北に働いていますので、人間の体にも何らかの影響を与えているであろうことは、否定できないように思います。
特に真北のあたりは、あまり軽く見ないで、排水口や便器、ごみ置き場など、不浄のイメージが強いものは置かない方が、精神衛生上も良いと言えそうです。

鬼門イラスト15